連日ご報告しておりますように、学校等での演舞指導もシーズン本格化。
週末は、OSAKAラ・ピタ、夢舞ingのみなさんと楽しく汗を流しました。
明日は浜寺小学校へ2度目の訪問。元気な5年生に会えるのが、とっても楽しみです。

そんな中、土曜日の午後は、枚方・寝屋川地域の学校園で演舞指導をしてくださっているムラタさんからのご縁で、老人福祉施設への慰問にお伺いしました。

お伺いしたのは、ムラタさん、ライターズ井上くん・久保くん、事務局二人の計5人と、フラメンコ教室の皆様。ご依頼の時間枠は1時間。

普段ご依頼を受けることの多い、「南中ソーラン」「メチャハピー大阪バンザイ」2本立て・15分間の枠にくらべると、4倍もの時間。
健康スポーツのプロ指導員であるムラタさんも、当初は「1時間を埋められるか?」と心配しておられましたが、最終的には時間が足りなくなるくらい大盛況でした。

踊りは、南中ソーラン・メチャハピー大阪バンザイだけでなく、「マツケンサンバ」ほか一世を風靡したなじみのある曲に、ムラタさんが簡単な振付をしてくださって、即興のユニットを結成。
フラメンコ教室の皆さんと一緒になって、時には、闘牛士やアカペラ隊にも変身しました☆会場のおじいちゃん・おばあちゃんも、一緒に踊ったり歌ったりしながら、あっという間の1時間を楽しんでくださいました。

ムラタさんの、選曲や、合間のお話の仕方・内容など、どれもこれも、本当に勉強になることばかり。とっても充実した、土曜の午後でした(感謝!)。

そんなムラタさんからご紹介を頂き、事務局の二人は今週末から「スポーツ大学」に通うことになりました。これについては、また追ってご報告させていただきます☆

tomi