年々、皆様の踊りの向上には、目を見張るばかりです。
 
特に今年は、僅差での受賞が目立ったように思います。
 
できれば、1チームでも多く、大阪城ホールで、ファイナル演舞を
 
していただければと、毎回想うところですが、参加チーム数と、
 
時間都合上、現在が精一杯と言うところになっております。
 
その日その場所での、お一人の状態が、全体群舞の印象を
 
良くも、悪くも、変えてしまうようにも見受けられます。
 
自分達が心地よくあると同時に、お一人お一人が、いかに「魅せる」かが、
 
ファイナル演舞に繋がるかどうか、の大きな境目であるようにも思います。
 
受賞の前に、踊りを通じて、いかに、日ごろの信頼の深い仲間づくりを
 
されているかの方が、よほど大切な「宝」であると思われますが、その先に、
 
感動を持って、受賞チームの喜びを分かちあえるような祭になって行けることが、
 
私達の想いでもあります。本当に皆様の演舞が、それぞれの場所で、より磨かれて
 
おられることを、痛切に感じる今回でした。改めて、心より、ご参加いただけました
 
踊り子、それを見守られる皆様すべてが、「メチャハピー賞」であることを、
 
お伝えできればと思います。
 
大阪メチャハピー祭 審査担当