大阪メチャハピー祭事務局ブログ

踊りの祭典、大阪メチャハピー祭のブログです☆

カテゴリ: 事務局ブログ

IMG_E0447
「台風接近のため、南中ソーラン全国交流祭in稚内を中止します。」

衝撃のお電話が入ったのは、開催の前々日の夜でした。

ダブル台風が日本に接近し、大阪にも台風の影響がありました。ただ、開催当日の飛行機が欠航になるかも、という想定はしていましたが、まさか先に稚内で開催中止の決定が出るとは思っていませんでした。

稚内行きの準備を始めてからほぼ半年、南中ソーランの聖地、稚内で踊ることを目標に練習を重ねてきました。飛行機が欠航になれば仕方がありませんが、飛ぶのであればなんとしても行きたい、練習の成果を披露したい、そういう思いでおりました。

ただ、話を聞きますと、すでに稚内に入っているチームや、飛行機のキャンセルが利かない団体もあるため、屋内で「演舞交換会」を開催する予定です、というご連絡を頂戴しました。

心配された台風は、北海道付近で温帯低気圧に変わり、屋内での開催には問題ないくらいにまで天候が回復しました。市内の大きな体育館に急きょ演舞スペースを設営し、代替会場を作って下さいました。
IMG_0843
IMG_0842
私たちのチーム名は「大阪夢の陣」。阿倍野区のチーム「夢舞ing(むーびんぐ)」と、祭りのオフィシャルチーム「メチャハピー踊り子隊」の精鋭たち総勢40名は、飛行機を乗り継いで、無事に稚内空港にて合流しました。

急きょ設営された体育館ステージは、踊り子以外は入場できないという制限がありましたが、それもそのはず、急きょの開催にもかかわらず、たくさんの学校やチームが参加し、会場は熱気あふれる満員の状況となっていました。

踊る人と見る人の距離がとても近く、拍手や声援もダイレクトに届くので、緊張感とテンションはギリギリまであがります。しかも、この天候の中、大阪からやってきたということで、稚内の方もとても楽しみにしてくださいました。IMG_0866
1曲目は、南中ソーランでした。(※動画はこちら
連日35度を超える大阪の体育館で練習してきたメンバーにとって、最高気温15度の稚内市に、最初は驚きましたが、本気の演舞をするには、とてもいい環境であったと思います。

大きな手拍子と、声援に見守られながら、演舞をさせて頂きました。爽やかな、切れ味鋭い演舞には、自分を含め、思わず涙を流した人も多くいました。

そして2曲目はガラッと雰囲気が変わる、大阪バンザイを踊りました。(※動画はこちら
目の前には、稚内南中学校の生徒がいるという、感慨深い状況です。「底抜けに明るく、いい曲ですね」とは稚内市教育委員会の方。稚内の人にしてみれば、おそらく一生言うことのない掛け声、「もうかりまっか!ぼちぼちでんな~!」も想像以上に盛り上がり、大きな拍手の中、喜んで頂くことができました。
キャプチャ02
最後には体育館一杯を使っての南中ソーランの総踊り。本場、稚内南中学校の生徒さんと一緒に踊ることができたのも、私たちにとっては、大切な思い出となりました。

終了後、主催の稚内市教育委員会の方からご提案をいただきました。

「実は、屋外のステージを、中止が決定したあとも解体せずに、そのまま残しています。今日、遠方から来られるチームのために、記念写真を撮れるようにしてあります。よければ行きませんか。」

ちょうど雨も上がり、夕方のステージは照明が映え、とてもいい雰囲気でした。聞けば、音楽もかけられます、との事で、同じく遠方から来られた札幌新陽高校のメンバーとも一緒に、せっかくなので南中ソーランを踊らせて頂きました。

夕暮れの広場に浮かび上がるメインステージ。自分たちだけのために、こうして使わせて頂けること、このお心遣いにも、本当に喜んでいます。
IMG_E0908
IMG_E0445
翌日には、飛行機まで時間の少ない私たちに対して、本当にたくさんのご配慮をいただき、様々な観光名所に連れて行ってくださいました。寒流水族館、ノシャップ岬、宗谷丘陵、宗谷岬、などなど、短い時間の中で、最大限の楽しさをプレゼントしてくださいました。

夕方、15度の稚内から、35度の大阪へ。この2日間、なにか夢を見てたかのような、密度の濃い、貴重な時間を過ごしました。

帰り際、稚内市の方が仰っておられました。「次回(3年後)、夢の続きをメインステージで観せてください。」果たして3年後、どんな状況になっているでしょうか。

大阪夢の陣、想像以上の出来事ばかりでしたが、一生忘れることのできない、感謝と感動の2日間となりました。

最後に、稚内市教育委員会の皆様、踊り子の引率の皆様、保護者の皆様、大阪で応援してくださっていた皆様、そして踊り子の皆様、本当にありがとうございました。心から御礼を申し上げます。

いよいよ10月8日は本祭です。こちらも、どうぞよろしくお願い申し上げます。
IMG_E0997
kuropp

180821-24 DM
この夏休み、NPO法人OHP(大阪メチャハピー祭実行委員会)では、世界で活躍されている今宮高校ダンス部顧問の春名先生の協力のもと、今宮高校ダンス部のOBによる、小中学生のための特別ダンス講座「ダンスミーティング2018夏with IMDC」を開催します。

ウォーミングアップや体幹レッスン、ダンスの基礎の動きやステップなどが詰まっている内容を4日間で学ぶ集中講座です。自チームの技術向上に、リーダー育成に、数少ないこの機会をぜひご体験頂ければと考えています。

今回は、試験的なプレ開催という位置づけで開催いたします。

◆8月21日(火)~24日(金)の4日間 いずれも午前10時~11時30分
アネックスパル法円坂 多目的ルーム
◆対象:小学校4年生~中学3年生まで
◆定員:15名
◆参加費:1,500円×4回=6,000円
◆申込締切:8月10日(金) ※定数に達し次第、早めに締め切る場合もございます。
◆主催:NPO法人オー・エイチ・ピー(大阪メチャハピー祭実行委員会)
◆原則、4日間参加できる方を募集します

ご参加を希望される方は、下記フォームよりお申込みください。折り返し、ご連絡いたします。

【案内チラシ】
http://mechahappi.com/pdf/imdc_4-2.pdf

【申込フォーム】
https://goo.gl/forms/STAhQMCCGae5o4kl1

WEB用 画像 JPG
昨年10月、稚内市の教育長が事務局に来られました。2018年8月25日、「南中ソーラン全国交流祭in稚内」に、大阪メチャハピー祭から1チーム、参加して頂けないか、という話でした。【いま、全国各地の運動会などで踊られている「南中ソーラン」は、稚内市立南中学校で誕生した、ロック調にアレンジされたソーラン節です。】

このイベントは3年に1度、日本の最北端、稚内市で開催され、2009年には今宮高校さんが、そして2012年にはピンクチャイルドさんが大阪から参加してくださいました。ただ、その時とは違って今は、大阪と稚内を結ぶ直行便がありません。ので、往復の航空運賃だけでもずいぶんとかかってしまいます。その他にも、日程的なことや引率なども含め、乗り越える壁はたくさんあります。

ただ、大阪メチャハピー祭の原点は南中ソーランです。そして何より、参加する子ども達にとっても、稚内で踊る事ということはなかなかなく、必ず貴重な体験になり、大きな感動を持って帰ってくれることと思い、なんとか協力しようと、準備を始めました。

昨年の本祭で「学び座賞」を受賞した夢舞ing(むーびんぐ/阿倍野区)さんと、祭りのオフィシャルチーム、メチャハピー踊り子隊の特別合同チームで訪問することになりました。夢舞ingさんからは20名、メチャハピー踊り子隊からは10名の、中高生を中心とした30名で参加します。平均年齢は16歳です。

今年の2月から打ち合わせを始め、4月からは実際に練習も始まりました。合同チームということで、同じ踊りとはいえ細かな所はずいぶんと違い、踊りをそろえることにたいへん時間がかかります。また、大阪を代表して稚内で踊るという高いハードルもあって、練習への熱の入れようは、見ているこちらも張り詰めてしまうくらいです。自分自身、これまで何百回、何千回とこの踊りを見てきましたが、これだけ気持ちのこもった南中ソーランを見たことはあまり記憶にありません。それほど、見ている側の心をつかむ、ぐっとくる踊りになっています。
DSCF4272
合同チームの名前は『大阪夢の陣』となりました。『陣』という言葉には、「共通の目的をもって、まとまった集団」という意味もあり、メンバー全員の投票で決まりました。衣装も新たに作成し、心が一つになるように準備を進めています。

また、練習では夢舞ingさんの地元の体育館を快く使わせて頂いています。保護者の方との調整でも、多くの皆様が協力してくださり、子ども達に感動を、という大きな目的をもって動いてくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。

随時、ブログやSNS等でも情報を発信してゆきますので、そちらも楽しみにしていてください。
集合写真

kuropp

★2021ArtsFundLogo_横長_大
このたび、公益社団法人企業メセナ協議会の「2021Arts Fund(※1)」に認定して頂き、今年の大阪メチャハピー祭へのご寄付やご協賛が、「特定寄付金(※2)」となり、寄付金控除(税額控除)の対象となりました。

→ ご寄付はこちらから(カード決済可)。


※1 公益社団法人企業メセナ協議会 2021Arts Fund とは
芸術・文化活動をする方が、実施に必要な資金を寄付で集めるために、協議会を通じて寄付を集めることができます。協議会への寄付は税制優遇の対象となることから、この利点を活かして寄付を呼びかける仕組みです。

※2 特定寄付金 とは
国や地方公共団体、特定の公共法人などに寄附をした場合は、確定申告を行うことで、所得税が還付される場合があります。個人が特定寄附金を支出したときは、寄附金控除として所得金額から差し引かれます。法人が支出した一般の寄附金については、その法人の資本金等の額、所得の金額に応じた一定の限度額までが損金に算入されます。


kuropp

IMG_8992
3月18日(日)は神戸にて、BTB健康チャリティイベント「命は宝」に参加させて頂きました☆

東日本大震災と阪神大震災の復興祈念のイベントで、阪神大震災の際、避難所となっていた場所(コミスタ神戸)での開催でした。

昨年に引き続きお声を掛けて下さり、暖かなスタッフの方やお客さんに迎えて頂き、元気いっぱいに踊らせて頂くことが出来ました。
IMG_E8985
演舞前には、メンバーの緊張をほぐそうと元気な声を掛けて頂き、大きなエネルギーを頂戴しました☆
演舞中も、こちらが負けるくらい(?)の大きな掛け声や手拍子を送って下さり、とてもあたたかな雰囲気の中で踊ることが出来ました。

そして最後には、みんなで一緒になって総踊りをして締めくくらせて頂きました。
IMG_9031
BTBとは、beyond the border「境界を越えて」という意味です。人と人との境界、社会と個人の境界など様々なものがありますが、それらを越えて一つになろうとしたときに、また新たなご縁が生まれるのではないかと感じました。

踊りだけではなく、震災のこと、防災のこと、健康のこと。いろんな大切なことに触れることのできた、貴重な時間でした。

開催にあたり、ご関係の皆さまのご準備に、心から感謝をしております。また、遠方までご同行くださいました保護者の皆様にも、重ねて御礼を申し上げます。


kuropp

3月10日(土)は、祭りのオフィシャルチーム、メチャハピー踊り子隊の発表会でした。
IMG_E8909
初の試みで、いつもお世話になっている保護者や関係者を招いての会でした。関係者のみの会でしたが、50名をゆうに超える方にお越し頂き、たいへん暖かな会になりました。
IMG_E8894
この日のために、「心花(しんか)」という曲に取り組みました。もう7年ほど前に、当時のリーダー達が心を込めて作ってくれた曲です。メンバーはどんどんと大人になって入れ替わり、当時のことを知るメンバーは4~5名ほどです。技術面でもたいへん難しい曲ですが、「あの素敵な曲を踊ってみたい」と、昨年11月から取り組み、この日を迎えました。
002
メチャハピー踊り子隊は、月に2~3回練習するだけのチームです。上手下手関係なく、誰でもが参加でき、年齢層も小学生から大学生までとまちまちです。それでもメンバーは、一生懸命に練習することで驚くくらいに上達し、意識が高まります。技術面ではまだまだですが、今回の発表会も、いつもお世話になっている保護者や関係者のためにと、リーダー達が中心となり、心を込めて準備をしてくれました。
003
お世話になっている方に感謝の気持ちを持つ。そして、前のリーダー達に憧れた子ども達が、今は子どもたちの憧れのリーダーになる。そういう素敵な心の連鎖が続きます。

心と心が繋がって、綺麗な花を咲かせる、これからもメチャハピー踊り子隊はそういう場でありたいと感じた一日でした。「心花」は、5月5日のツイン21でも発表予定です。ぜひ、会場に足をお運びくださいませ。

kuropp

2018キャッチコピー
2018年、大阪メチャハピー祭は19年目の開催を迎えます。本年も、「踊りを通した青少年健全育成」を理念に掲げ、元気いっぱいに活動して参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

大阪メチャハピー祭実行委員会
特定非営利活動法人オー・エイチ・ピー

3,000人の「感動」と「社会性」―――

「子ども達の感動は、一生の宝物」という私たちの想い(↓下記)に、ぜひご賛同ください。

◆クレジットカードでの募金はこちら

◆携帯電話料金と一緒に募金はこちら
ソフトバンクのスマホをご利用の方は携帯電話料金と一緒に募金できます。
slide02
3,000人の子ども達の憧れの場、大阪城ホール。 ここで踊ることを夢見て、子ども達は練習を重ねます。

踊りの祭典、大阪メチャハピー祭(まつり)は今年で19年目。これまでに5万人を超える子ども達が参加しました。今年は、2018年10月8日(月祝)に大阪城ホールで開催予定です。

子ども達に感動の場を提供するのは大人の役割、という開催当初からの理念を持ち続けて、これまで活動を続けてきました。 

大阪城ホールで踊る感動を夢見て、真夏の暑い時期から練習を重ねた子ども達は、教え合い、助け合い、個人と集団の関係性、すなわち社会性を育みます。そして迎えた本番当日、緊張のあまり、踊る前には頭が真っ白になり、踊ったあとは仲間と感動の涙を流します。 子ども達にとって、感動は一生の宝物になります。 

ただ、大阪城ホールでの開催には約850万円の費用がかかります。年を重ねるごとに開催にかかる費用が増え、このままでは現状の形での開催が難しくなっております。 踊りを通した青少年健全育成と、子ども達に感動の場を提供する私たちの活動に、何とぞご理解とご協力のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

大阪メチャハピー祭実行委員会
実行委員長 黒川弘章

◆携帯電話料金と一緒に募金はこちら
ソフトバンクのスマホをご利用の方は携帯電話料金と一緒に募金できます。

今週から連続して、城東区内にある4つの小学校に、南中ソーランの出張授業に行っています。体育館はまだまだ暑く、学生スタッフや私も、滝のような汗を流しながらの授業となりました。
S0014033
いずれも5年生全員が対象で、体育館と同じくらい、もしくはそれ以上に熱い授業となりました。一生懸命に身体を動かし、大きな声を出して、先生も生徒も一緒になって汗を流します。比較的年齢の近い、大学生達(オフィシャルチーム)も一緒に訪問するので、子ども達のテンションも上がり、熱気はより一層高まります。

みんなで協力し合って、一つのもの(踊り)を作り上げます。きっと、運動会では素晴らしい南中ソーランが見られることと思います。

城東区には、地域で立ち上がっているチームがたくさんあるので、踊りに興味をもってくれる子ども達が増えることを願っています。


kuropp

IMG_6846
8月12日(土)は、南中ソーランの原点の映画、学び座の上映会でした。
今回は、城東区のゆめこいワッショイ実行委員会さんとの共催で開催いたしました。

地域での自主上映を目的にして作られたため、DVDにもなっておらず、なかなか見られない映画です。当日は、お盆休みの、午前中という時間にもかからわず、300名近いお客さんが、城東KADO-YAがもよんホール(城東区民センター)にお越しになられました。

以前から「上映終了後に、拍手が起こる映画」と言われていましたが、今回も自然と拍手が起こり、すすり泣く声もたくさん聞こえてきました。

南中ソーラン、そして大阪メチャハピー祭の原点の映画、今後も定期的に開催ができればと願っています。
IMG_6876
そして上映後には、城東区にあるチームから選抜されたメンバーと、メチャハピー踊り子隊との合同による南中ソーラン演舞でした。練習時間が少なく、どうなることかと思っていましたが、本番はバッチリと見事な演舞ができて、観客の皆様からの暖かな拍手を頂戴することが出来ました。

城東区ゆめこいワッショイ実行委員会の皆様、当日お手伝い下さったスタッフの皆様、見に来て下さった皆様、本当にありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
IMG_689302
↑踊り子とスタッフの皆様とで記念撮影☆ありがとうございました。


kuropp

↑このページのトップヘ