大阪メチャハピー祭事務局ブログ

踊りの祭典、大阪メチャハピー祭のブログです☆

タグ:学び座

IMG_6846
8月12日(土)は、南中ソーランの原点の映画、学び座の上映会でした。
今回は、城東区のゆめこいワッショイ実行委員会さんとの共催で開催いたしました。

地域での自主上映を目的にして作られたため、DVDにもなっておらず、なかなか見られない映画です。当日は、お盆休みの、午前中という時間にもかからわず、300名近いお客さんが、城東KADO-YAがもよんホール(城東区民センター)にお越しになられました。

以前から「上映終了後に、拍手が起こる映画」と言われていましたが、今回も自然と拍手が起こり、すすり泣く声もたくさん聞こえてきました。

南中ソーラン、そして大阪メチャハピー祭の原点の映画、今後も定期的に開催ができればと願っています。
IMG_6876
そして上映後には、城東区にあるチームから選抜されたメンバーと、メチャハピー踊り子隊との合同による南中ソーラン演舞でした。練習時間が少なく、どうなることかと思っていましたが、本番はバッチリと見事な演舞ができて、観客の皆様からの暖かな拍手を頂戴することが出来ました。

城東区ゆめこいワッショイ実行委員会の皆様、当日お手伝い下さったスタッフの皆様、見に来て下さった皆様、本当にありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
IMG_689302
↑踊り子とスタッフの皆様とで記念撮影☆ありがとうございました。


kuropp

170705 学び座チラシ
「南中ソーラン」原点の映画、「学び座」は、大阪メチャハピー祭の活動の原点でもあります。
1999年、元稚内市立南中学校校長の大久保慧先生に大阪に来て頂き、上映会と講演会を開催したことをきっかけに、大阪メチャハピー祭(NPO法人OHP)の活動が始まりました。以後毎年、大久保先生には大阪メチャハピー祭の審査委員長として絶大なるご支援を頂戴し、特に大阪での南中ソーランの広がりを喜んで下さっています。

日本一荒れている、と報道された稚内市立南中学校において誕生した南中ソーランの背景を、実話に基づいて作成された映画です。「地域での自主上映を通してこの映画を広める」という理念で作成されていることもあって、DVDにもなっておらず、今ではなかなか見ることのできない貴重な映画でもあります。

今回、大阪市城東区にある「ゆめこいワッショイ実行委員会」さんと共催という形で上映会を開催いたします。多くの皆様のご参加をお待ちしています。上映終了後には、城東区内のチームとメチャハピー踊り子隊の特別編成による南中ソーランの演舞披露も予定しています。

開催日時:8月12日(土) 午前10:15~12:30(開場10時)
主催:城東区ゆめこいワッショイ実行委員会
共催:NPO法人OHP 城東区ゆめ~まち~未来会議
後援:城東区民生委員児童委員協議会 城東区青少年健全育成連絡協議会 大阪市生涯学習推進員城東区連絡会 城東区PTA協議会 城東地区保護司会 城東区更生保護女性会 城東地区BBS
協力:城東区役所

入場無料(客席400席予定)

観覧希望の方は、座席数に限りがありますので、事務局まで事前におよその参加人数をご連絡ください。
申し込みフォームはこちら


kuropp

120401manabiza01
120401manabiza02

「南中ソーラン」原点の映画、「学び座」は、大阪メチャハピー祭の活動の原点でもあります。

1999年、元稚内市立南中学校校長の大久保慧先生に大阪に来て頂き、上映会と講演会を開催したことをきっかけに、大阪メチャハピー祭(NPO法人OHP)の活動が始まりました。以後毎年、大久保先生には大阪メチャハピー祭の審査委員長として絶大なるご支援を頂戴し、特に大阪での南中ソーランの広がりを喜んで下さっています。

この映画は本来、フィルムを借りての自主上映会でしか見ることのできないものなのですが、NPO法人OHPでは、自主上映会用に特別にビデオテープ(VHS)を購入させて頂き、いろいろな学校園やPTA団体等での自主上映会のお手伝いをしています。

南中ソーランの誕生の背景を、実話に基づいて作成された映画で、「地域での自主上映を通してこの映画を広める」という理念で作成されていることもあって、DVDにもなっておらず、今ではなかなか見ることのできない貴重な映画でもあります。

学校、PTA、その他団体等で、自主上映会(ビデオ貸出)の開催をご希望される方は、大阪メチャハピー祭ホームページの「お問い合わせ」フォームから、学び座上映会希望とご連絡くださいませ。(上映会開催のご協力には、ご寄付のお願いをさせて頂きます。ご了承ください。)

120401manabiza03
 

kuropp

↑このページのトップヘ